瑞々しく潤う人

瑞々しく潤う人

体内水分の水量、水質、水流をバランスよく調節できるようになろう。

10歳若く見える人と老けて見える人。 いつまでも若く瑞々しく潤う方法

人は歳をとるほどに魅力的になりたいものです。若くなくなった人は以下の3タイプに分かれます。

1.いつまでも若く瑞々しく潤っている人
実年齢より10歳以上若く見えます。いつまでも元気で老けない人です。若くなくなっても堂々主役を張って高視聴率を上げる 女優さん達に見られます。 瑞々しく潤う人
2.溜まって淀んで行く人
不健康に太っている感があります。偏食や朝食抜き、夜遅い飲食など不規則な生活が慢性化している人に見られます。 瑞々しく潤う人
3.枯れて萎んでいく人
実年齢より10歳以上老け衰えていく感があります。極端な偏食やダイエットを続けている人、甘い物の食べ過ぎで老化が進んでいる人、腎臓が弱っている人は要注意です。 瑞々しく潤う人
歳をとってもいつまでも若く瑞々しく潤う方法とは
実年齢が中年以降では同じ歳でも10歳若く見える人、逆に10歳老けて見える人もいます。若さと老いのメカニズムは研究中で断片的な事しか分かっていません。 でも 若くなくなっても主役を張って高視聴率を上げる女優さん達に学べる事があります。女優さん達はリッチなのでこうやって美貌を維持しているのだと思い込むのは間違いです瑞々しい,潤っている,若々しい,老けたくない,老けない人,水を飲まない,水を飲むのが苦手,喉が乾かない原因,腎臓

_

女優さん達の私生活を覗いてみると結構美味しいものを食べるのが好きですし、お酒も好きです。スーパーで買い物したり、あろうことか炎天下でサーフィンやっている女性もいてその人がフェーシャルサロンのCMに出ているのですけれど 何か特別な事をしている訳ではなく普通の人と同じ生活をしています。

普通の人との大きな違いは”元気で老けない女性でいなければならない事”です。芸能界で生き残る為に。

女優さん達の多くが十分な水分補給、特に白湯を飲む事が知られています。

瑞々しい,潤っている,若々しい,老けたくない,老けない人,水を飲まない,水を飲むのが苦手,喉が乾かない原因,腎臓

更に深く見ていきますと

生活習慣で体内水分をバランスよく調節する事に優れていると思われます。 一体、体内水分の何を調節しているかと言うと
  • 水量
  • 水質
  • 水流
をバランスよく調節する事だと思われます。老けない女優さん達は誰かに言われたのではなく本能的に気づいたのでしょう。次の仕事を得る為に。
体内の水分量を調節できる事
体は排尿して不要物を排出しますし、発汗して体温を調整します。その分約2リットルのこまめな水分補給が必要になります。 瑞々しい,潤っている,若々しい,老けたくない,老けない人,水を飲まない,水を飲むのが苦手,喉が乾かない原因,腎臓

_

1).適度な排水が出来ている。

_

2).適度な給水が出来ている
瑞々しい,潤っている,若々しい,老けたくない,老けない人,水を飲まない,水を飲むのが苦手,喉が乾かない原因,腎臓
2.体内水分の水質を調整できる
体内水分は真水ではなく、塩分などミネラルがごく少量含まれて良き体調が維持されます。血液等体液が海の成分に似ているのは私達の遠い祖先が海の魚だった頃の名残でしょ。塩分などミネラルは食事で補給され、多すぎると腎臓等の働きでろ過&排出されます。 瑞々しく潤う人

_

バランスが良い栄養補給が出来ている
腎臓が元気
調整機能がしっかり働いていて体調良好
3.体内水分の水流
>>女優さん達の美容と健康法はこちら

_

自分体験、こまめな水分補給をアドバイスされた幸運

中年になった頃の自分はメタボでオッサンぽく若さが失われていく事が怖かったです。

幸いな事に私はあるお医者さんからこまめな水分補給を薦められました。それをきっかけに体内水分をバランスよく調整する事を意識する様になりました。

現在の私は好きに飲んで食べています。でも以下程度の事を注意するだけで随分と体の負担が減りました。現在は身長170cm、体重55kg、ウェスト79cm の中肉中背。実年齢より10歳は若く見られます。

先ずはこまめな水分補給から
体内水分 水量、水質、水流のバランスよい調整というとやる事が沢山ありすぎてどれから手をつけけて良いやら悩むかも知れませんが無理せず焦らず自分の生活を少しずつ見直しましょう。 先ずは>>こまめな水分補給からがお薦めです。その為には美味しい水の魅力を知ることから始めてみませんか。 >>幸いにも日本は美味しい天然水を安全に飲む環境に恵まれています。

水分補給目次

参考先はこちら

  • 厚労省HP /「健康のため水を飲もう」推進運動
  • 医学博士 故・藤田 紘一郎先生の「水飲み健康法」 etc
  • 職場における熱中症予防対策マニアル(厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課取りまとめ)