美味しい天然水

美味しい天然水

「水が美味しい」と感じられる天然水の魅力をレポートしました。

どうすれば「水が美味しい」と感じられるのか?

誰もが「水が美味しい」って感じられるには

多くの人が喉が渇かないと水を飲みません。本来は喉が渇く前に少しずつ飲んで一日合計2リットルの水分補給をすべきなのに。水分補給は大切と言われても子供の多くが水よりもジュースやコーラ、大人の多くが水よりもお茶やコーヒー、ビールにお酒を選んでしまいます。身体を瑞々しく潤す為には糖分や利尿作用成分など余計な物を含まない”ただの水”あるいは”白湯(80度C~50度C位のお湯)”を飲む方望ましいのですが。誰もが「水が美味しい」って感じられる様にとこの記事を送ります。

そもそも水は無色透明無味無臭

”ブランド名水の天然水”と”水道水を煮沸して冷ました水”とを出所が分からない様にカップ並べて専門家ではない子供からお年寄りまで”利き水”させたとして 一体どれだけの人が見分けられるでしょうか?そもそも水は無色透明無味無臭、舌の肥えた人や専門家であれば水の美味しさを味わう事ができますが、一般の人には難しいでしょう。

水の魅力を感じる旅に出かけませんか?

実は私も 美味しい水とそうでない水の違いがちゃんと分かっていませんでした。でもある日知りました。

 

「日本は世界有数の天然水の宝庫。中でも富士山の麓で湧き出る天然水は国際的権威ある食審査機関 「モンドセレクション」が世界でも有数の美味しい水 と認めた」という事を。

水

_

私は水の魅力を感じる旅に出かけました。行ったところは他でもない子供の頃から何度も訪れた富士山と麓周辺の湧泉地です。でも”水の魅力”という視点で出かけるとそこには驚くべき発見がありました。

美味しい天然水

※ 写真は柿田川湧水(飲めます。)