歯の健康 コツと習慣化

歯の健康 コツと習慣化

誰もができる、老け衰えない人がやっている生活のコツと習慣化

コツと習慣化とは

コツと習慣化を語る上でピンときやすい歯磨きを例にとります。幸いなことに自分が通っていた歯医者さんは歯の治療だけではなく虫歯予防に熱心で「ちゃんと磨けているかチェック」をしつこくやってくれました。頼んだわけではありませんのに。ずっとダメ出しされていたのですがある日、独自にコツを覚えてそれ以来「ちゃんと磨けている」お褒めをもらえるようになりました。
体調,不良,崩しやすくなった,老い,ショック,老いるのが怖い,老けない人,習慣,老い身体の変化

_

朝晩歯磨きしているのに何故虫歯になるのか

誰でも入れ歯の世話にはならずいつまでも自分の歯でご飯を食べたいものです。でも毎日朝晩歯磨きをしているのに虫歯や歯槽膿漏になる人は少なからずいます。歯をいつまでもキレイに丈夫に保つためにはただ歯磨きをすれば良いと言うものではありません。自分なりにコツを身につけて、意識しなくても勝手に身体がやっているくらいの習慣化が物を言います。

コツとは

コツとは有効に作用する方法を見つける事です。く「ちゃんと磨けているかチェック」でダメ出しされていた頃の私は歯を歯ブラシと歯磨き粉で磨いていました。歯磨き粉にはハッカが入っているので何かスッキリした様な気になるのですけれど。でもそれでは歯と歯の間、歯と歯茎の境目をしっかり磨く事は出来ていませんでした。今では

  1. 歯と歯の隙間が狭いところはデンタルフロスで
  2. 歯と歯の隙間が広いところは歯間ブラシで
  3. 歯と歯茎の境目は小さなヘッドの歯ブラシで
  4. 歯は普通の歯ブラシで
  5. 偶には固いものを噛むようにする。スルメとか

磨いています。歯医者さんの「ちゃんと磨けているかチェック」で磨けていなかったと指摘されたところ、例えば一番端っこの歯の外側側面など も入念に磨きますので10分以上時間をかけて磨きます。
特別に高い歯磨き粉は使っていません、いずれも安い物を使っています。そして頻繁に取り換える様にしています。でも虫歯予防に熱心な歯医者さんでは 「ちゃんと磨けている」お褒めを頂いています。
歯の健康 コツと習慣化

_

体調,不良,崩しやすくなった,老い,ショック,老いるのが怖い,老けない人,習慣,老い身体の変化

習慣化とは

朝起きたら歯を磨く。夜得る前に歯を磨く。毎日決まった時間に必ずやることを習慣化と思われると思います。
でも 
「スッキリしたいからちゃんとやる」

こういう感覚こそ大切です。歯の表面 ”歯と歯の間”や”歯と歯茎の境目”がちゃんと磨けていないとスッキリしない。スッキリしたいからちゃんと磨こう、そんな感覚を養いましょう。

 

歯の健康 コツと習慣化

[戻る]