映画 検察側の罪人 キムタク vs ニノ のレビュー&感想

映画 検察側の罪人 キムタク vs ニノ のレビュー&感想

映画 検察側の罪人 キムタク(木村拓哉)とニノ(二宮和也)のガチな切り合いが凄い!

HEROのキムタクが帰ってきた? って 全然違った。

検察側の罪人、キムタク(木村拓哉) と ニノ(二宮和也)が出ると言うの言うので視ましたこの映画。原作は読んでいませんでした。

木村拓哉 の検察官モノってHEROのキムタクがスクリーンに帰ってきて ゲストに演技派のニノ(二宮和也)と 正義のセのヒロイン・吉高由里子 を向かえてみたいな 筋立てかと思いきや・・・

凄いシリアス!、 激しい!、ナニコレ? 今までにこんなの見たことない。 

二人の検事が殺人事件の捜査や起訴方針をめぐって言い争うなんて生易しいものではなくって、師弟関係にあった木村拓哉 と 二宮和也が検事どうしで激しく切り合う、切り合う、相手が倒れるまで切り合う、 切って切って切って、争い合う!?

検察側の罪人 

_

制度の壁で裁けない殺人犯を死刑にするために 正義 vs 法 って構図の争いが検察どうしのガチな切り合いになる。まるでチャンバラ映画かと見間違うほど激しい。

木村拓哉vs二宮和也

前提として、

検察官って警察と協力して罪を暴き、被害者の立場から犯人を起訴する正義の側にいるはずの人達なのだけれど。

世間では間違った起訴、冤罪事件を起こした検察の責任が厳しく問われていて 検察にできる事は厳しく制限されている。容疑者から話を聞くときもモニターされ脅したり、相手の尊厳や人権を否定る様な暴言は許されない。本人の自供か指紋付きの歔欷か 目撃者でもいない限り 起訴することはとても難しい。それでも殺された人の立場から或いは再犯を防ぐために 犯人を起訴する為の検察官の刀は検察官が思い描く”犯行ストーリーなのだそうだ。

検察側の罪人

_

そして師匠・最上検事(木村拓哉)の教えは

「己の正義に固執しすぎた検事は正義を汚し、悪となる。」

若手を厳しく諫め、見所のある新米の沖野検事(二宮和也)は 師の教えを忠実に守ろうとする。
(cf. 二宮和也の童顔なれど強い存在感が新米検事にぴったり!)

そんな二人が上司と部下の関係で老夫婦殺人事件を扱う事になる。容疑者の松倉(酒向芳)は間違いなくクズ、一緒にいるだけで反吐が出そうな存在。取り調べでは 犯行を認めないばかりか、「お前たちに何ができる」となめてかかるが 沖野検事(二宮和也)も中々のやり手で上司最上の期待に応えようと松倉(酒向芳)を厳しく追い詰める。

ところがこの容疑者・松倉(酒向芳)には、上司の最上検事(木村拓哉)の過去の私怨が絡んでいた。 最上が学生時代世話になった寮の管理人の娘が殺された事件で、今となっては時効で裁けないだけに本人も認める真犯人だ。

「絶対に許せない。」

「必ず死刑にしてやる。」

最上検事(木村拓哉)が狂う、暴走する、やりすぎる。沖野検事(二宮和也)と橘事務官(吉高由里子)が最上検事(木村拓哉)の暴走に気づく。沖野検事(二宮和也)は師の教え「己の正義に固執しすぎた検事は正義を汚し、悪となる。」を忠実に守り、最上検事(木村拓哉)の暴走を止めようとする。

しかし 最上検事(木村拓哉)の行動力は凄まじく超えてはいけない領域、検察側の罪を犯すところまで踏み込んでしまう。この強くて暴走する最上検事をキムタク(木村拓哉)が渾身に熱演する、物凄い迫力で。

立ち向かう沖野検事(二宮和也)と、橘事務官(吉高由里子)。だが最上検事(木村拓哉)は恐ろしいやり手、橘事務官(吉高由里子)がスパっと切られてしまう。そして沖野検事(二宮和也)も立場を失い戦いの場から退く事に。

でもそのおかげで 沖野(二宮和也)と橘(吉高由里子)は男女の関係になって協力し合う。(cf どういう事かは映画で。)

沖野検事(二宮和也)もやられっぱなしじゃない。新米ながら最上に見込まれただけあってかなりのやり手、捨て身の撃が立場を変えて最上(木村拓哉)を破滅寸前まで追い詰める。激しい息もつかせないストーリーなのだがそれだけではない!

正義か?法か?と映画を見ているこっちにまで迫って来る。

正義か?法か?視ているこちらに迫ってくる。

身勝手な理由で人を殺して、罪も償わず シャバでのうのうと生きている様な屑みたいな奴は法で裁くことができないなら 抹殺されたら良いのにって思う。でも 行き過ぎた正義は巨悪を生むって怖い、怖い怖い怖い現実がある。そんな闇を放置すれば・・・やがて大きな災いを国や民衆にもたらす。70年以上前日本は太平洋戦争で大きな犠牲、災いを国民にもたらしたのにその本当に悪かった事、間違っていたことをちゃん解明して裁けないまま 今の国の形があって 誰も気が付かなううちに巨悪がうごめいている。そんな国の中で私達は住んでいるらしい。最上検事(木村拓哉)のお友達の政治家がそんな巨悪と戦っていて破滅させられてしまうのだけれど生き残った最上は正義を守ると言う。

正義か?法か?視ているこちらに迫ってくる。
だけれどどっちが正しいのか本当に分からない選べない。それにしても「人殺しの裁きはどうなるのだ?」、「卑劣な殺人シャバでのうのうと生き延びるなんてスッキリできないぞ!」って思っているうちに意外な結末を迎える。原作とは違うらしい。

映画 検察側の罪人 キムタク(木村拓哉)とニノ(二宮和也)のガチな戦いが凄かった。

キムタク(木村拓哉):

主役の立場方 映画を成功させるために全力で取り組むリーダー

ニノ(二宮和也):

自分の演じるべき役を天才的に理解し、共演者との受け答えの中で真に迫る自分の役割を演じる名優 

ガチで争い合う名作でした。