浅田真央 さんの笑顔 に 観音菩薩  が宿っていた!!

浅田真央 さんの笑顔 に 観音菩薩 が宿っていた!!

女性フィギアスケート 浅田真央 選手 2014年 「今シーズンは休みます。 皆さん宜しくお願いします。」と語ったときの笑顔、おひさまの様に 穏やかで優しい笑顔を を見るだけで明るい気持ちになれますよね 元気が出ますよね。

浅田真央さん のニコやかな笑顔

ソチオリンピック 後

「今は 気持ちは晴れやか。」

「自分の気持ちとしてやり切ったという思い。」

ソチ帰国後の外人記者クラブで聞かれたとき今後について(次期オリンピックに出場する可能性については”50%、50%” を英語的に表現する場で フィフティ・フィフティと言う所

日本のファンの分かり易さを考えて

ハーフ・ハーフと言ってみた。”50%、50%” をは日本的には半々と言うのでそれを英語表現で。

休養中はどうするのかと聞かれて

「休養中はいろんな事にチャレンジしたい。

  1. に 旅行
  2. に 料理
  3. に スケート 」 

とか休養中でもスケートなのですね。 ( ̄0 ̄)゛

そして最後にファンへのメッセージを

 「今シーズンは休みます。皆さん宜しくお願いします。」  
とまぁごく普通の。聞いている私達が特に驚くとか感心するとかのないお話なのですけれど

  

浅田真央 トリプルアクセル 女子フィギアスケート 金メダル 世界フィギア
浅田真央 トリプルアクセル 女子フィギアスケート 金メダル 世界フィギア
浅田真央 トリプルアクセル 女子フィギアスケート 金メダル 世界フィギア
(※ 毎日新聞 2014年5月19日 14時26分配信 より)

浅田真央さん の 笑顔に感じる事

おひさまの様に穏やかで優しい笑顔をるだけで明るい気持ちになれますよね。元気が出ますよね。ファンとか好きとか関係無しに。

2014年2月のソチ5輪、3月の世界フィギアを終えて世の関心も薄れた5月の朝。何気なくテレビで流れている番組の中で久しぶりにお目にかかりました。思わず語り掛けました。   
(※テレビに向かって話しても聞こえる訳がありませんけれど・・・・・)

「もう、十分休養は取れたの?」

「体の方は大丈夫? 噂に聞く腰痛は痛まないの?」

「背骨の歪みを治してくださいね。」 

「次の冬季五輪は出場するの?」と思わず語りかけてしまいました。 
(次は2018年韓国・平昌(ピョンチャンオリンピック)です。)

私は浅田真央さんの笑顔を見ているうちに感じる不思議な気持ちについて”お日様の様な観音、菩薩の様な 笑顔”と表現しております。

 


予めお断りしておりますがこの表現は浅田真央さんのお顔の作り、人相、目鼻立ちをあれこれ語るものではございません。又、浅田真央さんが 観音菩薩の化身だと述べるつもりもございません。あくまでも彼女の笑顔を見て感じたこちら側の気持ちを語ります。

どうぞ よろしくお付き合い願います。

<(_ _)>

不思議? 見ているこちが 優しく 愛しまれている様な気持ちになるのですよ。

浅田真央さんがインタビューを通してファンや国民に語りかけているときの

笑顔

笑顔を見ているうちになんだかとっても不思議な気分になってきます。

随分前から見慣れたはずの浅田真央さん。

  • ソチオリンピック中継で
  • 世界フィギア選手権で
  • CMで
  • いろんなテレビ番組で

見慣れたはずの 浅田真央さんの 

笑顔

とにかく一年休むと決めてとってもほっとしているでしょう。そんな時に記者会見を受けて見せてくれた

笑顔

競技としてのスケートを意識しない ほっとした気持ちでみせる

笑顔 

を見ていると なんだこちらがとても大きくて穏やかで優しい存在に 

愛(いつく)しまれている様な気持ち 

になるのですよ。

彼女が国民を慈しむなんてそんな上から目線な人でははないと分かってはいるのですけれど・・・・・
別の存在ですね、彼女の笑顔に宿った別の存在です。もしかして私だけでなくあなただって感じていませんか?

浅田真央さんの笑顔に宿った

お日様のように途轍もなく大きくて穏やかで 

明るく優しい光で溢れている、

そんな次元から伝わってくる 

万民一人一人をあまねく照らし、慈しむ慈愛の気持ちです。 

そんな気持ちを感じるのです。

浅田真央「恋活宣言」って、そういう話題の方が受けますけれど でも・・

空振りに終わる浅田真央の今後の話題

浅田真央 ”恋活宣言” なんていう見出しを雑誌でみかけました。

※ 週刊女性 (2014年)6月6日号 より

_

浅田真央さんが恋活宣言って凄い興味の沸くタイトルですけれど、記事を読むと、ご本人が「彼氏になる人を探している」なんて全然言っていなし・・・・・

もし本当に恋活しているんだったら合コンに出たりお見合いパーティに出たり(出てきたら男性の方々たまげますよね。)気の合う男性とデートしてみたり、(男子フィギアスケートの誰かさん?)そんな事してる何て 全然書いてないです。

実際書いてある事と言えば彼氏は?と聞かれて

「残念ながら(今は)彼氏いないんです。」

理想の彼氏を聞かれて

「優しい人がいいです。引っ張っていってくれる。年上の人がいい。」  
(35歳位迄の上限付だそうですけれど)

又 随分前から

「お母さんになりたい。いっぱい子供が欲しい。」 
とおっしゃっておられるのだそうです。

”今後について”を聞かれ

「(ソチでやり切ったので)もはや競技のとしての未練は殆ど無い。」 とも語り

そこから次期オリンピック(2018年韓国・平昌 冬季五輪)に金メダル目指して挑む可能性はハーフ・ハーフ どころか ”引退の決意は固い”と解説されていました。

書かなければ

私としましては恋だとか今後とかそういった話題性あるテーマにはあえて触れず

浅田真央さんの笑顔に宿った明るくて優しい観音菩薩に愛しまれたような不思議な感覚を以前からきちんと書きたかったのですが推敲に推敲を重ねるも中々書けずにおりました。(★ー_ー0)

月日が経ちもう世間の関心はサッカーブラジルワールドカップとか、ザックジャパンとか、本田圭佑選手にに移ってしまって今更書いてもって・・・ ちょっと諦めてかけていたとき ・・・・・新聞の片隅で見たのですよね。

 

浅田真央さんの穏やかで優しい笑顔をなんかの広告欄で。それを見て・・・・

「書かなければヽ(□ ̄ヽ))

 誰も書いていないのだけれど 

 誰もが浅田真央さんに感じている何かを

 何とか書き上げなければ。」(;; ̄□ ̄)ノノ

その様に突き動かされました。アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

笑顔を見ているだけで 愛しまれている様な気持ちになれるのです

感じてください。目で見るのではなく心で、見るようにして。

何か途轍もなく大きくて穏やかで優しい存在に愛(いつく)しまれている様な気持ちになるのですよ。

私達がこの世で生きていく上で出会う迷い、苦しみ、怒り、悲しみそんな心の乱れ落ち込み優しく おだやか 癒してくれて明るく元気なな気持ちにさせてくれます。

あれはずっと昔から、もしかして自分が生まれる前から馴染みあるお顔のではありませんか?

あれこそ観音菩薩そう感じるじゃありませんか?。

勿論、観音菩薩様に実際にお会いした事なんてありません、仏像とか仏画でしかお目にかかったことしかありません。

当サイトでは浅田真央さんが観音菩薩の化身だとかそんな事を言うつもりは決してありません。

そんな事、言い出せば ご本人もお困りになり大変迷惑でしょうから厳に 慎みたいと思います。

しかし何ゆえ、感じるのでしょうか。浅田真央さんの笑顔から

観音菩薩に愛(いつく)しまれている様な気持ちを。

観音菩薩(かんのんぼさつ )って、 本当にいるの?

観音菩薩(かんのんぼさつ )とは
  •  サンスクリット(梵語)では アヴァローキテーシュヴァラ・ボーディサットヴァ
  •  「観世音菩薩」(かんぜおんぼさつ)
  •  「観自在菩薩」(かんじざいぼさつ)
  •  「救世菩薩」(くせぼさつ・ぐせぼさつ) など複数の呼び名があり

慈悲が深く多くの人々を救う菩薩様なのですけれど優しい女性の姿をしていて(天上界の神々に性別はないのだそうですけれど)(救いの為に)相手に応じて変身するのだそうです。

ここで注目したいのが ”変身”です。どうも天上界から見下ろすのではなくって私達の身近な存在に”変身”して救済に来られるようです。

観音菩薩(かんのんぼさつ )について私達が知っている身近なエピソードと言えば『西遊記』、孫悟空(そん ごくう)が大活躍する中国の古典ですね。

唐(中国)の僧侶・三蔵法師(さんぞうほうし)が仏教の経典を求めて遥遠い西方、天竺(インド)に旅するお話です。

観音菩薩は釈迦如来のお使いとして三蔵法師を守る為に現れます。孫悟空という神通力得て暴れまわっていた猿を正しい道へと導いて三蔵法師のお供をさせます。猪八戒(ちょはっかい)、沙悟浄(さ ごじょう)も同じです。

三蔵法師 の一行は唐から遥かなたの西方に向かう旅の途中で幾多の苦難に見舞われますがその度に現れて、救いの手を差し伸べます。

そんなエピソードから

観音菩薩様とは人が挫折しないよう人生の目的をやり遂げるよう見守ってくれる優しい存在と伺えますよね。

自分は仏教徒ではありませんので菩薩の存在を信じている訳ではありません。でも、私ですら、実にどうしょうもない私ですら何か、この世以外の次元から私達を導いてくれるというか見守ってくれるような、アドバイスしてくれるような存在は感じます。観音菩薩ってそんな存在の象徴なのかも知れませんね。

仮にその様な存在がおられるとして人々が誤ったり迷ったり諦めちゃったりしないようお導きになられる時、現代の日本においてはどのようなお姿で私達の前に現れるでしょう?

観音菩薩様ですから仏画に描かれている様な衣をまとい燦然と後光を輝かせて天界から雲に乗って登場する・・・・。そんな訳がありませんよね、大騒ぎになるし。

もしかして現代では万民が注目するエンタメやスポーツの世界頑張っているアスリートとかアイドルとか人気スターとか が挫折しないよう応援して、その応援を通じて万民を応援する。

万民一人一人を直接救うより効率的だし・・・・ なんてあり得ない話ではないと思います。

天上界でも昔からのお寺や教会を中心に信仰を広めるというやり方だけではなく現代ではマスメディアとかインターネットとかで注目されている人物を観音菩薩のメッセージを伝える大使アンバサダー(Ambassador)に見たてて積極的に活用しましょうなんて考えているかもしれませんね。

ですから浅田真央さんがインタビューで見せる笑顔に観音菩薩が宿って慈愛の気持ちとか 温かい思いやりとか前向きに生きなさい」って励ましのメッセージとかを送られてくるって事もあり得えると思うのです。

「日本の未来は明るいですよ」そう言ってもらえた気がするのです。

笑顔から伝えらたメッセージ

それでは私達は浅田真央さんの笑顔を通じて観音菩薩様から何が伝えられたのでしょう?

分かりませんよ、言葉なんか聞こえませんでしたし。薄っすらと明るい朝日に照らされたくらいの感じなのですから。

光にメッセージ? 聞こえませんよね、普通は。でも 

 

「日本の未来は明るいですよ」

そう言ってもらえたような気がするのです。もちろん声で聞こえた訳ではありませんよ。「お前が勝手に思い込んだ」と 言われればそれまでの事です。

でも 気持ちが晴れやかに明るくなれたのです

 

   とっても嬉しくなれたのです。

 

こんな気持ちは皆さんと共有したいです、浅田真央さんは国民の皆さんに向かってインタビューに答えたのですから。

「日本の未来は明るいですよ」って言ってもらえた理由は何?

挑戦する気持ち、頑張る気持ちを素晴らしいと思える開眼

では 何故?「日本の未来は明るいですよ」って言ってもらえたのでしょう?

今日、日本の皆さん 普通に生きていて不安ですよね 老い若きも。

この国の将来って混迷して破綻した挙句、亡国とか衰退するんじゃないかって感じますよね、自分や自分の身内、子孫の先行きに。 

だって

  • 前世紀みたいに世界が認める良い製品を作って暮らしていけるって気がしないし
  • 働く場所や働く機会がどんどん失われていくし
  • 子育てには凄くお金がかかるのに学校の勉強で学んだ事は世の中で役立ちそうに無いし。
  • 健康保険も年金も財源が枯渇しそうで病気したとき不安、老い先不安だし。

_

未来に希望が持てて ワクワク活き活きと生くためには 何が必要かって、石油や金などの資源が一杯とれるとか国土が広く美味しい食物が豊かに実るとかじゃなくって"人"ですよね"人"。やたら人口が多いだけでなくできるだけ多くの人が 

  • 素敵な目標を持つとか
  • 誰もかなえた事が無い夢に挑戦するとか
  • あせらず、あきらめず、めげずに頑張り続けられるとか
  • あるいはそうやって頑張る人を 一緒に支えたり応援できるとか

_

そういう人が多ければ多いほど、国の未来は明るいと思うのです。

日本の将来がヤバいな、不安だなと思えた頃、何か未来の芽を摘んでしまう空気が蔓延していましたよね。

はっきり分かるものしか認めない権威主義とかグローバル化の名の下に結果、結果、結果・・・見たいな成果主義とか

世の中だけじゃありません、自分だって考えればこれまで オリンピックって選手がメダルを取れるか取れないか位でしか 見れていませんでしたね。

フィギアスケートなんて全然理解できなかったですやった事ありませんし。 トリプルアクセルっていう技が 凄いっていうから、ビデオに撮ってスローで見ました、何度も何度も 。でも 回転が早過ぎて正に神業、何をやっているのか 何点の価値があるのか 全然理解できない。

「とにかくメダル、金メダルが世界の頂点」 ってはっきり分かるものでしか認めようとしていませんでした。
他の競技もそうですね、日本の選手団ひっくるめてメダルが何個取れたかとか、 国の威信かけて 日本民族の誇りをかけて「がんばれー」って そんな感じでしたよね。でもそれじゃダメなんですよね。

金だ銀だと権威主義とかね結果しか評価しない成果主義 とかねとかね。そんな見方しかできない国では育たないですよ。

  • 頑張ろうとする芽が
  • 誰もやった事がない夢に挑戦する芽が
  • 諦めないで何としてでも乗り越えようとする芽が

育たないですよ。

でも 浅田真央選手 の ”最後のトリプルアクセル”って国民の皆の意識に変化をもたらしたではないでしょうか。オリンピックで金メダルなんか取れなくたって、専門家である審査員が認めなくたって

「素晴らしいもは素晴らしい」、

「感動した。フィギアスケートの事がわからなくても」

「彼女が日本人である事が誇らしい」

皆で心からそう思える様になりました。 これって「開眼」とか「心の目が開かれた」ってことなのでしょうか。

多くの日本人が浅田真央選手の帰国を皆で歓迎したし、ソチ5輪や 世界フィギアが終った後もテレビやCMに一杯でているしその影響で今後、私達一人一人が自分が関わるあらゆる事で権威とか結果だけに捉われず

  • 頑張る事そのものが素晴らしい
  • 誰もやってみなかった事に挑戦するって偉い、尊い
  • 諦めないでやり遂げようとする姿勢に感動する
  • 誰がなんと言おうが素晴らしいものは素晴らしい 

私達一人一人が そう思えるようになろうとしている。そしてそういう国日本では 多様な分野で 新しい芽が育ち育まれ今まで無かった 望むこともできなかった 花を咲かせ 実らせる事ができるそういう事に対して「日本の未来は明るいですよ」 って言ってもらえた気がするのです。

おしまい。

やった! やっと書けた、 しんどかった 中々書けなかったけれどやっと書けた。多分、誰もが感じている 浅田真央の笑顔に感じる気持ちについて。  \(o⌒∇⌒o)/