紫外線対策

紫外線対策

シミ、しわ、たるみ、ほうれい線など老け顔の原因の80%が太陽の光。日光と上手く付き合うには。

肌の衰えの原因の80%が紫外線

シミ、シワ、たるみ、肌の艶(ツヤ)や張りの喪失は老け顔の象徴です。顔が老けるのは何故?歳をとって老いたから?、そう思い込んでいる人が多いのですが、本当でしょうか?

光老化対策こそ 若々しい肌でいられる秘訣

2019年3月16日発行の日本経済新聞記事によると昔から言われてきた”日焼け止め”とか”紫外線対策(UVケア)”という考え方は”光老化対策”という考え方に改められているのだとか。

肌の老化の8割が太陽光線!!

若々しい肌でいられるかどうかは”光老化対策”すなわち 太陽光線とどう付き合って行くか次第という事です。

_

一日30分は日光浴しましょう。

朝起きて、笑顔で陽の光を浴びましょう。日光浴は必要です。

紫外線対策

_

骨に必要なビタミンDを作るのに必要ですし、朝日を浴びる事は体内時計に働きかけ、体調のリズムを整えます。最近ハッピーホルモンと飛ばれるようになった セロトニンという神経伝達物質の分泌が促進されます。心が落ち着き頭の回転が良くなり直観力が上がります。(大切な判断、決断は朝一がお薦め)。何よりも耐ストレス性が上がりますので皆とうまく行かない時、落ち込んでいるとき、マイナス思考になっているときは朝起きて、笑顔で陽の光を浴びましょう。

紫外線対策

_

一日30分は日光浴しましょう。でも 太陽からの光老化対策はしっかりとしましょう。

紫外線対策

_

[戻る]

_

トップに

紫外線が肌に痛い訳け

日光浴は必要ですが太陽光にある紫外線を浴びすぎないケアが必要です。真夏から気を付けるのではなく5月6月あたりから対策しましょう。油断しないで理想は夏でも冬でも曇りの日でも屋外は勿論、太陽光が差し込む窓のある室内にいるなら日常的に光老化対策が求められます。

なぜ紫外線を浴びると日焼けするのでしょうか?

光は粒子の性質と波の性質を持っているという話を聞いた覚えはありませんか?高校物理で。光の正体って波動か粒子か?。プランクやアインシュタインが証明した、何のこっちゃよう分からんというかどうでも良い話ですが、お肌を守る為に、大切な点が一つあります。光を分解すると虹色、赤っぽい光から 橙、黄いろ、黄緑、緑、水色、青色迄あります。

赤っぽく見える光は波長が長く周波数が低くて エネルギー的に低い状態です。目に見えないぐらい赤っぽい光が赤外線。

青っぽく見える光は波長が短く周波数が高くて エネルギー的に高い状態です。目に見えないぐらい青っぽい光が紫外線と呼んでいます。

紫外線は目に見ないのですがエネルギーが高く、粒子となって肌に当たり、ダメージを加えます。

このダメージ シミ、シワ、たるみ とか 肌が張りや艶を失うなどの 顔老化を引き起こします。近年ではさらに、近赤外線が皮膚の土台となっている皮下組織にダメージを与えることで、たるみが生じることが指摘されています。紫外線は”レジャー紫外線:UVB”と”生活紫外線:UVA”に分かれていますが極小さな弾丸となってふりそそぎ、皮膚の奥迄届いて活性酸素(一重項酸素)という毒を発生さて肌を老化させます。

紫外線対策

_

>> 活性酸素とは

シミやそばかすの原因

”レジャー紫外線UVB”は皮膚の表面の細胞に メラニンを発生させシミやそばかすの原因になります。若いうちは皮膚細胞が活発に生まれ変わる(ターンオーバー)から良いものの、歳をとったらそうもいかなくなって老け顔になっていくのです。

肌の老化,紫外線,日焼け止め,肌の衰え,原因,エイジングケア,しみ,シワ,たるみ,ほうれい線,UV,UVA.UVB
”生活紫外線UVA”は肌の表皮を突き抜けて真皮に届きます。真皮には肌のハリや弾力を支えるコラーゲンエラスチンが張り巡らされていますがUVAはその肌のハリや弾力を支える構造を壊してシワたるみを生じさせます。
紫外線対策

_

[戻る]

_

トップに

日焼け止めの仕方

外出したり屋外でスポーツをする場合は帽子やショールで日よけ着用しましょう。更に日焼け止め剤で肌を守りましょう。どのような焼け止めスキンケア剤を選べばよいかは 日差しの強さと本人の事情にもよりますが日焼け止めスキンケア品には"SPF"と"PA"という表示があります。

肌のシミ対策

SPF(Sun Protection Factor)は”レジャー紫外線:UVB”を抑える目安です。

  • SPF20程度::日差しが強くない
  • SPF30程度::日差しが強い
  • SPF50:マリンスポーツ、スキーなどの時は

効果持続時間、spf50は効果の持続時間は概ね16時間程度。

肌のシワ、たるみ対策

PA(Protection Grade of UVA)は”生活紫外線:UVA”を抑える目安です。PAを選ぶ目安は、

  • PA+ (効果がある)
  • PA++ (効果がかなりある)
  • PA+++ (効果が非常にある)
  • PA++++(効果が極めて高い)

そして 肌に優しいもの、簡単に洗い落とせるものを選びましょう。日焼け止め効果が高くとも強くクレンジングしないと落ちないものはお勧めではありません。

塗り方

紫外線対策
クリームはたっぷり 顔だけで500円玉分 以上を取って顔5か所につけたら図の様に塗りましょう。

  • 頬や顔の外側
  • 耳の周囲
  • まぶた
  • 頬先
  • うなじ
  • 手の甲
お薦めはこちら



日焼け止め効果が高く肌に優しいと当サイトが良いなとお薦め は こちらです。

KOSE 澄肌 日焼け止めジェル (米肌シリーズ)
米肌(MAIHADA) 澄肌日やけ止めジェル 本体/無香料 80g 日焼け止め アットコスメ【CP】
肌の老化,紫外線,日焼け止め,肌の衰え,原因,エイジングケア,しみ,シワ,たるみ,ほうれい線,UV,UVA.UVB

_

  • SPF50+/PA++++ と高い日焼け止め効果をもちながらコスパが良いだけではなく
  • みずみずしい サラっとしていてべとつかない
  • 米を発酵させたライスパワーを使用していて肌馴染みが良く
  • 化粧の下地としても優秀、
  • 石鹸や洗顔料やボディソープで簡単に負担感なく落とせます。

_

[戻る]

_

トップに

肌そのものを元気にする為に

太陽光による光老化対策は 日よけ以外にも保湿や血行を良くすることがたいせつです。
>>肌の保湿力 セラミドをしっかり養う事
肌の老化,紫外線,日焼け止め,肌の衰え,原因,エイジングケア,しみ,シワ,たるみ,ほうれい線,UV,UVA.UVB

_

皮膚細胞がしっかり生まれ変わり若返る為には
肌の老化,紫外線,日焼け止め,肌の衰え,原因,エイジングケア,しみ,シワ,たるみ,ほうれい線,UV,UVA.UVB

_

>>血行を良くする事
肌の老化,紫外線,日焼け止め,肌の衰え,原因,エイジングケア,しみ,シワ,たるみ,ほうれい線,UV,UVA.UVB

_

[戻る]

_

トップに