ウォーターサーバー契約

ウォーターサーバー契約

ウォーターサーバー、安易な契約の前に必ず確認しまましょう。

美味しいお水を一杯飲んでいきませんか

ショッピングモール、家電量販店、携帯電話ショップなどでウォターサーバーの特設会場にて 営業スタッフから「美味しいお水を一杯飲んでいきませんか」なんて呼び止められる。飲んで立ち去るだけでは悪いからアンケートに協力する。するとその後、猛烈な勧誘を受けた事がありませんか。

  • ”キャンペーンで今契約するサーバーのレンタルは無料”とか、値引きだ、キャッシュバックだとか・・・
  • ”今契約しないと損だ”としつこく誘われて、断り切れずに契約してしまう。
  • ”一週間ほど使ってみて、要らなければ解約すれば良いか。”などと気楽に考えサインしてしまう。

ちょっと待ったぁ!!

実際に美味しいお水を試しに飲んでみる事は良い事です。ウォーターサーバーの現物に触れてみて アレコレ操作したり質問する事も良いでしょう。

でも目の前の 営業スタッフの執拗な勧誘に乗せられて何の考えもなしにサインをするかとなると話は別です。

営業スタッフを見極める

どうしても目の前の営業スタッフの執拗な勧誘に対処しきれないようならこう聞いてみて下さい。

  • あなた自身はウォーターサーバーを使っているのか?
  • あなたは一日2リットルの水分補給が出来ているのか?

営業スタッフの答えに誠意が感じられたなら対話を続けて良いでしょう。でもまともに答えようとしない、或いは嘘をついている様に思える、一方的にセールストークをまくしたてるだけならこの人は会社から言われた事をそのまま伝えているだけ。頭にあるのは契約ノルマをいかにこなすか。お客様の事情とか健康を本当に考えて薦めてくれている訳ではないと知りましょう。

勘違いしやすいのは特設会場で勧誘する営業スタッフさんはウォーターサーバーの会社の社員では無い事がまま有ります。同じ様な事はスマホ、インターネットプロバイダー、電気などの生活インフラの勧誘にも言えます。

美味しい水にこだわるか、なるべく多くの水量を安く飲むかの2択

ウォーターサーバーを検討する時に一番大切な事はあなたも家族も十分な水分補給ができる様になっている事です。選ぶべきウォーターサーバーのタイプはあなたとご家族の事情によって主に以下の2タイプに分けられます。

 

タイプ1.美味しい水へのこだわりが一番

先ずは一日 ペットボトル一本分の水(500mml)か 白湯を飲めている様にしよう。人間に必要な水分補給は2リットル/人・日。そのうち1.5リットルは食事や細胞の呼吸で得られるので不足分の500mmlを美味しい水で賄いましょう。
>>美味しい水ボトル宅配方式のウォーターサーバーとは何かを知って下さい。

タイプ2.なるべく多くの水量を安く安全に

一日500mml ペットボトル一本分の水飲みは出来ている。でも料理や炊飯、コーヒーやお茶を含めて2リットル/人・日 の水分補給をウォーターサーバーで賄いたい。この場合、毎月の必要水量=60リットル×家族人数。夫婦二人なら月120リットル。4人家族なら月240リットル。これだけの水量を水ボトル宅配方式のウォーターサーバーで賄うなら半端ない金額になるけれど・・安くでも安全に使いたい。
>>水道直結型のウォーターサーバーとは何かを知って下さい。

 

ウォターサーバーを実施に使った感想は「無くても良いけれど有ればとても便利」。あなたと家族が元気でいる為にとても役立つものです。水分補給について是非ご家族で話し合って下さい。
[戻る]