安眠ストレッチ

安眠ストレッチ

眠れない、眠りが浅い原因はこりと冷え

目指せ!爆睡の達人。

  • 寝床に横たわっただけでは眠れない。
  • 眠ってもすぐ目が覚める。
  • 眠りが浅い。
  • 眠れないまま朝になった。
  • 睡眠負債が溜まって行く、

現代社会にはそんな人が少なからずいます。夜眠るときは勿論の事、一寸した空き時間、スキマ時間。或いは昼休み中に脱力して休める人。或いは爆睡できる人が現代社会を逞しく生きて行けます。コツは3っつの解放です。

大切なのは体が冷えていないと思っても、首や肩がこっていないと思っても、心がメゲていないと思ってもしっかりと解放してください。寝る前の歯磨きは歯が痛くなくても習慣化されている位の気持ちで。

当サイト管理人、おもしろいネコも不眠に悩まされ続けました。パジャマや寝具、枕を代えた事は数知れず。ココアやミルク、アロマやα波ミュージック、入浴剤。何でもやりましたが効果が有りませんでした。それで睡眠薬に頼らず、寝酒にも頼らず、医者に相談するも相手にしてもらえず、それにも諦めずついにはよく眠る方法、深く眠る方法を会得しました。>>爆睡の達人になる方法を是非ご照覧下さい。

 

眠れない,眠ってもすぐ目が覚める,眠りが浅い,眠れないまま朝になった,睡眠負債,原因,ストレス,不安,イライラ,冷え性,寝冷え,寝つきにくい,夜中に目が覚める,疲れが取れない,夜中にトイレに起きる,爆睡

冷えからの解放

寝る前に暑いお風呂に入るのは止めましょう。眠る2、3時間前に適度な温度のお風呂に入ったら体や頭髪を洗うだけでなく肩から首をてしっかりと温めましょう。お湯に重曹(じゅうそう)とか炭酸を適量入れますと血流が良くなって炭酸泉温浴効果が増します。体がリラックス出来て、うとろうとろと眠気を感じられれば効果ありです。

眠れない,眠ってもすぐ目が覚める,眠りが浅い,眠れないまま朝になった,睡眠負債,原因,ストレス,不安,イライラ,冷え性,寝冷え,寝つきにくい,夜中に目が覚める,疲れが取れない,夜中にトイレに起きる,爆睡

_

お風呂の中で眠ってしまわない様に気を付けましょう。念のため、肩から首を温める前に、お風呂の追い炊きスイッチは切って起きましょう。

お風呂だけではなく>>寝ている間に首を温める方法はこちらです。

_

 

[戻る]

_

 

トップに

肩や首の緊張、コリからの解放

一寸したスキマ時間、空き時間、テレビを見ながらでも肩の上げ下げストレッチをしましょう。別に肩や首が痛くないこっていないと思ってもです。
眠れない,眠ってもすぐ目が覚める,眠りが浅い,眠れないまま朝になった,睡眠負債,原因,ストレス,不安,イライラ,冷え性,寝冷え,寝つきにくい,夜中に目が覚める,疲れが取れない,夜中にトイレに起きる,爆睡

逆に首が物凄くこって入る人、首のコリが慢性的に取れない人へ。首を揉もんだり叩たいたりしていませんか?。首は絶対に揉んだり叩いたりしてはいけません。

眠れない,眠ってもすぐ目が覚める,眠りが浅い,眠れないまま朝になった,睡眠負債,原因,ストレス,不安,イライラ,冷え性,寝冷え,寝つきにくい,夜中に目が覚める,疲れが取れない,夜中にトイレに起きる,爆睡

首(特に 首の後ろから頭の付け根あたり)は身体全体の調子を左右する『自律神経』が集中しているデリケートな箇所『副交感神経センター』です。

_

詳しくは>>首コリ解消ストレッチで

_

 

[戻る]

_

 

トップに

雑念(嫌な事、怒り、悲しみ、不安)からの解放

人間生きていれば誰だって嫌な事、怒り、悲しみ、不安はあります。意識ではそんなの平気と思っても実は心の奥底では重い負担となっていて深い眠りの妨げになっている事も有ります。夢を見るという現象はそういう心的負担の解放の役割もあるとかでしっかり眠る事はとても大切です。

心を”無”にして雑念(嫌な事、怒り、悲しみ、不安)から解放すると言えば座禅とか瞑想がありますが何だか修行って感じで気楽にはやれそうにありませんよね。気楽にやれるものとしてヨガの死のポーズと言うものがあります。寝っ転がって瞑想するだけですが数あるヨガのポーズの中でも最重要とされています。

ヨガ 死のポーズ

体の力を抜いて布団やベッドの上に仰向け寝て目は閉じます。そのまま眠っても良い様にパジャマなどを着てから始めましょう。

安眠ストレッチ

_

雑念や嫌な事を忘れて意識を呼吸に向けます。息を吸いながら空気が体全身に行きわたると想像して「膨らみ、膨らみ、膨らみ」と唱えます。

安眠ストレッチ

_

息を吐くときは体中の空気が体の外に出ていく事をイメージして「縮み、縮み、縮み」と唱えます。

安眠ストレッチ

大切なのは意識を呼吸に向ける事です。「膨らみ」や「縮み」を唱えながら雑念(嫌な事、怒り、悲しみ、不安)を忘れて心を解き放ちましょう。

_

 

[戻る]

_

 

トップに